会社に在籍してた時に資格を取ろうと思ったきっかけは?【西尾ゆまさん対談レポ2】

いちくら:
最初、手形足形アートの滝沢先生から「すごくやる気のある生徒さんが生まれたよ」と聞いてゆまちゃんの存在を知ったのですが、それからドドドっと急速でニコフルができたイメージなんですが、そもそも子育て中に講師になろうと思ったキッカケはなんですか?

ゆま:
当時は会社に在籍して育休中でした。育休中になにかやりたい!とウズウズしていて、ちょうど子育てに少し疲れてきちゃってて。
社会にそろそろ復帰したいな。と思っていたのですが、会社に戻れるか不安もありました。その時に手形アートのイベントに参加して、すごく楽しくて!そこに子連れのママさん達がテキパキとお手伝いをしている姿を見て『ママたちなのにすごい。私もこういうイベントを主催できたらいいな』とぼんやり思ったのが資格を取るきっかけでした。

いちくら:
それは上のお子さんがいくつの時ですか?

ゆま:
1歳になるまえくらいですね!

いちくら:
資格を取って、会社も辞めちゃおう!って思ったってことですか?

ゆま:
うーん。辞めるってところまでは当時は考えられなかったです。最初は公民館などを借りて、非営利的なかんじで仲良しママ達とイベントを開催していました。そしたら参加したママ達にすごく喜んでもらえて!そこで、会社を辞めないことには始められないな!と思って会社を辞める決意をしました。

 

 

しっかりビジネスにするためにおこなったこと

いちくら:
育休中に資格取って、会社辞めて、その後の動きはどんなかんじでしたか?

ゆま:
最初はお店を持っていなかったので収益をどのように出すか考えました。お仕事していた時くらいのお給料は稼ぎたいので。

いちくら:
きちんとビジネスにしようと思ってたわけですね!最初からビジネス脳になっていたのですか?

ゆま:
はい、そうです。趣味ではなく仕事にしていこうと最初から思っていました!

いちくら:
その気持ちが今も原動力になっているんですね。

ゆま:
そうですね!何回レッスンやイベントをすれば見合うお給料になるのか考えて、川越だけでは駄目だ!と思って、埼玉各地でイベントやレッスンをやる決心をしました。月いちくらいで。集まってくれるか不安でしたけど。。

いちくら:
埼玉各地というと?

ゆま:
与野、大宮、ふじみ野だったり近辺で5カ所くらいです。子どもを連れて行ける範囲で、エリアを変えてやっていました。

いちくら:
すごいですね!違う地域でイベントやレッスンをするにあたり、まず何から始めました?

ゆま:
まずは会場確保ですね!りえ先生(※手形足形アートの滝澤理絵先生)にもたくさん手伝っていただきました。活動歴が長いのでイベントを開催できる場所とかにも詳しくて。色々教えてもらっていました。

で、思ったのが電話のアポだけではダメですね。直接会場に行って、こういう思いでこんな事がしたいんです!と具体的に説明しないと(笑)!そしたら施設料を安くしてくれたり無料で貸してくれた場所もありました。

いちくら:
おぉ!見習うべきとこですね!

ゆま:
施設料が大きくかかってしまうとレッスン料を上げなくちゃいけなくなるので。ママ達には良心的な価格でレッスンを受けてもらえたら喜んでもらえるかなぁっと。なので施設料はなるべく抑えたかったです。「お願いします!お願いします!」と頼みこみました! 私、体育会系なので(笑)

いちくら:
今ってネットで検索してポチって簡単に予約できちゃうけど、直接足を運んで交渉するってさすが!ですね^^施設を確保してかは?

ゆま:
どんなイベントをやろうか考えました。手形アートで思い出も残せる、お写真を撮って可愛い、手形アートとごろんアートをセットにしてやろうと決めました。ママ達にも参加して楽しい!と思えるような内容にしたいと思っていたので。

いちくら:
喜んでもらいたいって気持ち大事ですよね^^

 

▼次ページ→
集客の要!ブログからインスタへ【西尾ゆまさん対談レポ3】

Follow me!