年齢をキッカケに【都築陽子さん対談レポ3】

いちくら:
お声掛けしてくれた協会に勤めてからは、どうでしたか?

都築:
協会には7年くらい勤めて、やっぱりすごく勉強になりました!なんだけど、自分の将来を考えた時に都内までの通勤が...ネックになってしまって。

いちくら:
通勤って時間もかかるし、労力もいりますよね!若いうちはいいけど...

都築:
そうなんですよね!だから自分の拠点があったらいいなって。

いちくら:
私の場合40歳になった時に、あとバリバリ働けるのってあと10年かな?って思ったとき色々動くキッカケになったんですけど、都築さんは拠点を持ちたいって思ったキッカケってあったんですか?

都築:
それはやっぱ年齢!
なんとなくサロン持ちたいなってぼんやりと思っていたけどね。前から薬膳料理教室やピラティスを教えたり、会場まちまちで色んな場所を借りてやっていましたね。料理教室の方は、料理を作るわけだから道具から一式必要で、食材の持ち運びも毎回すごく大変だったんです。やっぱり地元に1カ所落ち着いてられる場所が欲しいなって思いましたね。

で、あと10年後にサロンを持とう!って思っても「いやいや、できない!」と思った(笑)やっぱりこういうのは若いうちで、50代のラインがギリだと痛感しましたね。

これから自分のサロンを持ちたいと考えてる方にアドバイスするなら?

いちくら:
これから始めたいという方で、でも何から手を付けて始めたらいいか分からないって方も多いのですが、都築さんはまず何から始めました?

都築:
まず、何をしているかアピールするためにチラシを作りました。

いちくら:
みなさんに『広げる』ことが一番大変で、難しいですもんね。

都築:
あとはブログをちまちまやっていましたね。でも他の人と比べて見栄えしないブログだったんです。それで、いちくらさんにブログを見やすく、見栄えするようカスタマイズしてもらったんですよね♪そしたら1日のアクセス数がグンっと上がって、「いいね!」とフォロワーも増えて!面白いことに記事を書けば閲覧数が上がる。もう自分に分からないことは、人に聞いた方が早いし、いい!

いちくら:
特に都築さんのブログの場合、ピンポイントに知りたい!って人が多いカテゴリーではあるのでチャンスではありますね。

都築:
そうですね!なので、やっていた事とすれば、チラシ、ブログ、ホームページかなぁ。

いちくら:
なにが一番広がるのに効果があったと思いますか?

都築:
私の場合は口コミかな。お友達に薬膳料理を教えていて、「美味しい薬膳の料理作る人がいるよ」って、そのお友達がお友達を呼んでくれました。

いちくら:
一番いいパターンですね!

都築:
結局は口コミなんですけどね。紹介されたお友達は私の事を知らないから「チラシないの?」って聞かれる事が多くなり、チラシと名刺を作りました。

いちくら:
なるほど!じゃぁ、周りの後押しが多かったんですね^^

都築:
ほんと、周りに人に支えられて来れました!

 

新しくサロンを開設されて【都築陽子さん対談レポ4】

Follow me!