自前のプリントから、印刷業者に切り替えたほうがお得?!

名刺やショップカード、チラシを少量なら家で印刷してしまおう・・・そんな方も多いかと思います。でも今は印刷業者も一般客相手に価格を下げて気軽にプロ品質を注文できるようになっています。私も普段デザイン作成から印刷までプロに委託する場合もありますが、簡単なチラシなら自分たちで作って、印刷業者に入稿して印刷することも非常に多いです。非常に気軽に安い単価で注文できますので、販促品は高いからなかなか作れないと思っている方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

おすすめの印刷会社

▼ラクスル
https://raksul.com/

「印刷するならラクスル」のCMでもご存じの方もいるのではないでしょうか?ラクスルで私がよく利用しているのはPDF入稿です。PDFデータを作成すれば簡単にPCからドラッグするだけで入稿でき、印刷データもその場でチェックできるので手間いらずで簡単に入稿、印刷をすることができます。

また、チラシなら1000枚2500~4000円程度(日数による)で印刷ができるので、インクを使った自前の印刷よりもコストパフォーマンスもよさそうです。また豊富なテンプレートで、デザインが苦手な方はラクスルであらかじめ用意してあるテンプレートを編集してデザインを作成することもできます。テンプレートの使用料も無料です。

 

▼プリントパック
https://www.printpac.co.jp/

印刷ならプリントパックは有名な会社ですね。チラシやフライヤー、名刺、グッズなどありとあらゆるお店の販促を応援してくれる会社さんです。作りたい販促品があるけど、どこ注文したらよいかわからないというときはここなら作りたいものがみつかるかもしれません。

 

デザインを外注するときのポイント

ラスクルさんにしても、プリントパックさんにしても基本はデザインデータだけは自前で用意することが前提です。(※ラスクルのテンプレートを利用して作ることも含む)デザインを作る方法は①外注する、②自前で作る、となりますが、用途やご自身のスキル、使える予算などによって外注するのか自前で作成するのか検討してみるとよいですね。

【外注するときのポイント】
1)自分の求めているテイストが得意な人やそれを理解した人にお願いする
2)コスト
3)データの受け取り方法

 

▼1)自分の求めているテイストが得意な人やそれを理解した人にお願いする

デザインはその人によってテイストや得意分野が違います。お店のイメージを左右するものでもありますので、お願いする方とその情報をきちんと共有できるかが大切です!

 

▼2)コスト

外注する場合は費用感がはじめてだとわからないと思います。依頼者によってこの分野は値段はピンキリです。販促品は1度きりではなく、今後も様々な場面で必要になってきます。ご自身の予算と費用対効果を考えながら無理のない依頼を心がけるとよいですね!

 

▼3)データの受け取り方法

例えばワード、PDF、JPG、PNG、AIなどデータの受け取り方法には様々な方法があります。パソコン操作ができる方なら、あとで編集可能なAIデータやワードなどのデータで受け取っておいてもよいですね。ただ編集できるデータ形式の納品だと別途費用が掛かる場合などもありますのでその辺は依頼時に確認しておくとよいでしょう。

また、JPGやPNGなどでデータを受け取る場合は印刷することなどを考えると、大きめのサイズで作成してもらうと印刷したときにきれいに出来上がります。あらかじめ印刷をする場合は「A4」「A3」など印刷を予定しているサイズを依頼者へ伝えておくといいですね!

 

自前でデザインを作成するなら

▼CANVA
https://www.canva.com/

最近ではCANVAをお勧めしています。デザインセンスがなくても簡単にチラシやカード、プレゼン資料なども作れるデザインツールです。PC操作が苦手という方でもスマホ操作もできるから便利です。

今までチラシを作成しようと思うとイラストレーターでの高度な作業が必要だったり、パワーポイントなどで作っていた方も多いと思いますが、CANVAはデザイン初心者でも簡単にテキストや画像を追加したり、素材を選んだりするだけで素敵なデザインが作ることができます。

ちょっとしたポイントや基本的な操作については、マミラスサポートの動画レッスン(詳細こちら)でもお伝えしておりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

今回は自前で印刷を行うというところから外注するというところに視野を切り替えてやるなら、という部分を書いてみました。人の手を借りる部分と自分でやる部分をうまく使分けてみるとよいと思います。

Follow me!