お教室で流しているBGM、著作権は大丈夫?!

おうち教室やおうちサロン、小さなお店などでもお店の雰囲気の雰囲気づくりに、お客様にゆっくりとリラックスしていただくために、BGM(音楽をかける)を使っている方も多いのでは。今日はそんなBGMに関するコラムです。

 

何気なくかけていた音楽に著作権使用料が必要だった!

あるオーナー様からのご相談でした。「いちくらさん、こんな書面が届いたんだけど無視しても大丈夫だよね?」その書面とはJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)からの手紙でした。その手紙によると、店舗でBGMを使用しているのでその使用料の支払いを済ませてください。という内容でした。

 

なかなか聞きなれない法人名だと思いますがこのJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)は国内の作詞者・作曲者・音楽出版者などの権利者から著作権の管理委託を受けている会社で、簡単に言えばTV、ラジオ、ネット配信などでの音楽著作権の管理をすべて任されている会社なんです。

なので、今回聞きなれない会社から手紙でオーナーさんは手紙を無視できると思ったようですが、これには正しい手続きが必要だったんです。

 

著作権料について

使用料に関しては施設や用途によって料金体系に違いがあります。例えば店舗内のBGMとして使用する場合には、店舗単位(1店舗)として利用の期間や回数、お店の広さなどによって料金が変わってきます。

例えば、お店のBGMとしてCDやダウンロードした音源を再生したい場合
1店舗あたり面積が500㎡以内の場合年額6,000円程度となります。

 

ただし、以下のような場合は今のところ使用料免除となる利用もあります。

  1. 福祉施設での利用
  2. 医療施設(医療法・介護保険法に基づく施設)での利用
  3. 教育機関での利用
  4. 事務所、工場等での主として従業員のみを対象とした利用
  5. 露店等での短時間で軽微な利用

引用:JASRAC HPより

 

BGMを流すならこんな方法も!

小さなお店ならBGMに費用をかけたくない・・・そんな方もいるのでは?

好きな音楽を自由に!となってしまいますと、JASRACに著作権料を支払ってBGMをかけるのが一番簡単な方法になってしまいますが、こんな方法もあります!

 

▼有線放送を利用する

有線放送にはなじみがあると思います。BGMを流したいと思ったとき有線放送!と思った方も多いと思います。月額で言えば5000円程度になると思いますが、ジャンル別にチャンネルがわかれていたりと非常に人気のコンテンツです。

 

▼店舗用BGMアプリなどを活用する

最近では著作権申請がすでにされておりあんしんして使える店舗用BGMアプリなどもあります。多少費用は掛かってしまいますが、こちらもジャンル別に様々な楽曲がそろっていたり、シーンに合わせて適切な音源が豊富なのでおすすめです。

 

▼著作権フリーのCDを活用する

著作権フリーで検索すると最近ではたくさんの著作権フリーの音源が販売されています。人気のアーティストや聞いたことのある有名な音源はありませんが、お教室やサロンで使う雰囲気づくりのBGMであれば特に問題はないでしょう。ちなみに私のお店でもこの著作権フリーのCDを何枚か買って気分によって使い分けたりしています。

 

音楽の使用方法については様々な方法があります。ご自身のお店のイメージやかけられる費用によって検討してみるといいですね!

Follow me!